行動で示す安全

「安全第一」という言葉をよく聞きますが、安全はどれも私達一人の力で達成できるものではありません。そして、安全というものを本当の意味で達成するためには、運転を行っている人すべての努力が求められます。それはただ単に、お守りとして安全祈願をぶら下げておくような簡単な決意ではなく、決して事故を起こさない、という強い意思が必要です。

それは、いつも運転中事故を起こさないかどうかビクビクしているということではなく、いつも真剣に運転というものに取り組んでいる必要があるということです。そうすることによって、いわゆる『手抜き』の運転を行わないようになり、私達や、また誰かがそれらによって大きな事故を引き起こしたり招いたりしてしまわないように、するためなのです。

私達がふと気を抜いたとき、何か考え事をしたとき、一瞬だけ眠くなったとき…そういった些細なことで、事故が発生する場合があります。いつもは気を張っていたのに、ただそれだけのことで、私達の命が危険に晒されてしまうことがあります。ですからいつもその『一瞬』で油断してしまわないようにしましょう。高齢者の事故が増えている現代において、誰もが事故のリスクを理解しているようにしましょう。